ブログ

サイキックアタックと癒し

cropped-1452495333vg04b-300x225.jpg

こんにちは。ヒーラーのみやうらみきです。

ネガティブな感情って、忌み嫌ったり、それはいけない!ダメ!と怖がると、いよいよ大きくなって呑まれそうになるものだなあと、思います。

一方で、特に問題もなく対処できていることだと、対処できていることも気がついてなかったりします。

じゃあ、何かの感情を忌み嫌ったり、怖がったりしている時は、どうしたらいいんだろう。。

今日は、そんな私のヒーリングセッション体験記です。

 

私の場合は、「羨ましい〜」が、すごく大きかったです。

自分が恵まれてない、とか、満たされた体験がない、と感じている点について満たされている人を見て、

「羨ましい〜なんて思っちゃダメだよ。これが自分の第一希望が叶った現実なんだから(事実そうなんですが)、そんな風にしたら自分の負けだよ」と(魂のレベルから、また押さえている自覚なく)ずっと思っていたのです。 

忍耐強いというのかもしれませんが、これが肉体の話だったら必要な栄養が足りてない状態をそのまま我慢すると、痩せ細っていきますよね。 霊的な愛情もやはり栄養失調になり、痩せていきます。

となると解決決方法は、霊的な愛情に満たされて、栄養状態を良くすることになります。

 

さて、「羨ましい〜」を、我慢するとか押さえつけておくとどうなるか。

これは「羨ましい〜」だけではなく、自分が満たされていないと感じていること全般について言えるんですが、

意地悪な行動とか、トゲのある言葉などになります。

またそんな目に見える言動を押さえると、目に見えないサイキックアタック(いわゆる念を飛ばすとか、情念というもの)になります。 

生きている自分のエネルギーと自分の時間は、自分のものですが、そんな使い道を選ぶと、どんどんマイナスになっていきますね。

 

私は、そのネガティブな感情を抑え込んだ負の連鎖の結果を、身を以て知ることになり、本当にごめんなさいと相手に心からお詫びをしました。

そして、自分のエネルギーをそんな使い方をしてる自分を、心から大事にしてあげたくなりました。

 

たとえ、どんなにネガティブな感情を持っていたって、自分で自分のことを見捨てないこの一点でした。

ネガティブな感情を持っている自分自身を抱きしめられるかどうか、inyou

どんな状態の自分にも価値がある、と自分を信頼し続けられるかどうか にかかっているんですね。

そして、不毛なエネルギーの使い道を変えればいいんです。

イメージで言ったら、右の写真の太極図の黒い方のエネルギーを自分で抱きしめると、真ん中の白いところに変わる、そんな感じです。 

 

私は、この本当にごめんなさい&自らを損ねる体験から、サイキックアタックの仕組みが明らかになり、周りからのサイキックアタックや、飛ばしたくなる心情が、とても良くわかるようになりました。

そしてサイキックアタック(念を飛ばす)ことを、いけないことだ!と裁いたり怖がったり忌み嫌ったりすることもなくなり、気づくと対処法も身についたというか、無敵(周りからくるサイキックアタックを敵視してない信念と感情・感覚)が成立したのでした。

様々なネガティブ感情を感じる体験があったとしても、それを自分で抱きしめられるほどに、しなやかな自分になる、と感じられるのは生きる安心安全感や活力にもつながるようです。

 

こうまとめてみると、やっぱり第1希望が叶ってる現実創造をし続けています。

あと、ネガティブな感情は対人関係から発生するものが多いので、対人関係の痛みは対人関係で癒される、のは個人的な実感です。 本気で助けを求めると本気で助けてくれる人に出会えるって、尊い!

 

⭐️丁度、この体験の頃にオリジナルの高次元エネルギーアチューメントプログラム『星の子守歌』を創りました。→ こちら です。 こちらも霊的愛情を満たす一つの方法です!

高次元エネルギーアチューメントは、相性の良いものがありましたら、お役に立ちます。

 高次元アチューメントは→こちらです。 

 

 

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Twitterやっています

アーカイブ

今日のおすすめ

  1. <?php the_title(); ?>
  2. 星の子守歌〜serenity
  3. シータヒーリングセッション
  4. シータヒーリングセミナー
  5. マルチプルアバンダンス 初級
  6. ユニバーサルペンデュラムヒーリング
  7. マルチプルアバンダンス〜各種豊かさエネルギー波動浴セッション
  8. <?php the_title(); ?>
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。